HOME サービス紹介 セミナー情報
講師・顧問紹介 企業情報 採用情報
メールマガジン お問い合わせ 資料請求

【Vol.399】 疲れ度チェック、早めの対策で仕事パフォーマンスを維持する

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
・ ・・・・‥‥       ‥‥・・・・ ・
◆Bodytune-Partners(ボディチューン)通信◆
☆第399号☆ 2016/10/05発行

人と組織の「健康」と「経営」にフォーカスした
人財育成プログラムを通じて、
持続可能な企業経営に貢献します
・ ・・・・‥‥         ‥‥・・・・ ・
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

株式会社Bodytune-Partners(ボディチューン/代表・阿部雅行)の
編集長鈴木祐子です。

今週の要チェック記事をお送りいたします。

————————————————————

————————————————————

今週も、よろしくお願いいたします!

▼▽▼≪ I N D E X ≫▼▽▼

[1] カトウのカラダ 第3回
[2] ハロウィン・ジョイラン 開催報告
________________________________________

[1]_______________________________________________________

■カトウのカラダ 第3回■

オフィスでできる簡単つかれ軽減療法
___________________________________________________________

季節はすっかり秋。

ふとした瞬間、街角から金木犀の香りが漂ってくると
幸せな気分になりますね。

今回のカトウのカラダは、ついつい働きすぎてしまうあなたへ、

20秒で簡単にできる疲労軽減の裏技を
皆様にお伝えします!

とは言え、そもそもどれくらい自分のカラダが疲れているんだろう?

なかなか疲れは定量化できませんよね。

今回はまず簡単に身体的疲労のセルフチェックをしてみましょう。

次の1?10で当てはまる項目を数えてみてください

1. 微熱がある

2. 疲れた感じ、だるい感じがある

3. 1晩寝ても疲れが取れない

4. ちょっとした運動や作業でもすごく疲れる

5. 筋肉痛がある

6. この頃体に力が入らない

7. リンパ節が腫れている

8. 頭痛、偏頭痛がある

9. 喉の痛みがある

10. 関節が痛む

いかがでしたでしょうか?

2個以上チェックがついたあなたは、少々疲れがたまっているかも。

では、おつかれ気味の皆様のための簡単にできる疲労軽減策とは?

その名も「爪もみもみ療法」。

爪の生え際の角をつまみ、10秒ずつ押しもみします。

親指からはじめて、小指まで全部の爪の付け根を順々にモミモミしてみましょう。

押してみて、あ、痛いな!と思う指があれば、
そこは重点的に20秒揉んでみてください。

それぞれ、

親指は呼吸器系、
人差し指は消化器系、

中指は聴覚器、
薬指は神経系、
小指は循環器系
の疲労を軽減すると言われています。

昼休みや、ちょっとした隙間時間に
ぜひ取り入れてみてください。

私カトウも爪をモミモミしながら毎日その日のうちに
その日のつかれをとっています^^

こまめな疲れ度チェック、早めの対策で、ビジネスパフォーマンスを維持しましょう!

___________________________________________________________

[2]_______________________________________________________

■ ハロウィン・ジョイラン 開催報告 ■
___________________________________________________________

先週、10月1日土曜に、年に一度のお祭りランイベント、

~秋の特選スイーツお土産付♪ ジョイラン☆2016特別大会~

が無事に開催されました。

朝から降っていた雨も、スタート時にはあがり、
代々木公園から表参道まで、ハロウィン・オレンジの
ジョイランTの人波が一斉に走りだす光景は圧巻でした!!!

東京では80名、金沢では30名がご参加くださり、
総勢110名の皆さまに、ランとスィーツを楽しんでいただきました!
ありがとうございました!

加藤珈琲様、アマンド様をはじめ、ご協賛いただいた企業様、
そして盛り上げてくださったガイドの皆さま、
改めまして深く御礼申し上げます。

イベントの様子は、下記URLにてご報告してまいります。
http://www.body-meister.co.jp/

*画像は東京の集合写真です♪

代表 阿部George雅行の著書ご紹介


MBA式 健康防衛


著書紹介ページへ

ビジネスマンの「カラダ再生」プログラム


著書紹介ページへ