Loading

ホワイト企業過ぎて辞める若手社員に企業がとるべき3つの対策

〜『早期離職白書』の著者であり、早期離職対策防止コンサルティングをお招きします〜

セミナー開催情報

●開催日時:2023年03月16日(木)                    ●定員:100名
●時間:12:00 ~ 13:00(受付開始:11:55)   ●料金:無料
●実施場所:Zoomミーティングを使用してのセミナーとなります。

概要

「うちの会社は以前より働きやすくなっているはずなのに離職率が毎年高くなっていく」

「期待している若手が突然辞めてしまい、上司がダメージを受けている」

こんな嘆きの声を良くお聞きします。

 

若手人材が少な中、どこの企業も採用に力を入れ

更には入社後の手厚いフォローも行っているのではないでしょうか。

しかし、そんな中、突然の離職報告を受け、心が傷ついている現場の上司、人事部の方が多いことは事実です。

 

昨年(2022年)12月15日の日経新聞に「職場がホワイトすぎて辞めたい 若手、成長できず失望」 というタイトルの記事が掲載されました。

以前に比べてコンプライアンス意識が高まる中、働きやすい企業は増えましたが

それでも、「新入社員の”3人に1人”が3年以内で辞める」ともいわれる時代です。

 

働きやすい環境を整えたはずのホワイト企業でも若手社員が離職していくケースは少なくありません。

ブラック企業は論外。ホワイト企業になっても社員が辞める。そんな状態の中で企業がとるべき対策はなんでしょうか?

 

ホワイト企業過ぎて辞める若手社員に企業がとるべき3つの対策を離職対策の専門家である井上講師をお招きし、ランチ時間の60分で無料セミナーを開催いたします。

(井上氏は、『早期離職白書』の著者であり、早期離職対策防止コンサルティングを行う株式会社カイラボの代表取締役)

 

こんな方にお勧め

  • 若手の定着化にお悩みの方
  • 制度や働きややすい環境を整えたのに離職が減らないとお悩みの方
  • 若手社員に取るべき行動にお悩みの方
  • 若手の離職を防ぎたい方、離職率を上げたい方
  • 若手の本音を知りたい方

 

◆参加方法

「ウェビナー」または「Zoom」にて実施予定。

※当日のzoomURLは、お申し込みいただいた方へのみに開催の1日前までにご案内させていただきます。

 

講師情報

株式会社ボディチューン・パートナーズ マネジメントディレクター

佐藤 美咲(サトウ ミサキ)

日本航空(JAL)にてグランドスタッフ、国際線客室乗務員(CA)、メンターとして新人教育担当。JAL再生時には経営直轄企画メンバーの一員としてビジョン設定や業務改善設計に従事。IT企業での人事業務を経て、2018年、受講生一人一人と真摯に向き合い、手作り感のある、思考から行動まで網羅的に人材育成ソリューション提供をする(株)ボディチューン・パートナーズのビジョンに共鳴し参画。「明るくシャープな場・空間づくり」やロールプレイングを得意とし、受講後、参加者のモチベーションを驚くほど向上させる。また、ヨガをベースとしたマインドフルネス研修にも定評がある。

(株)ボディチューン・パートナーズ ファシリテーター
株式会社カイラボ 代表取締役

講師 井上 洋市朗

メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種取得 
大学卒業後、株式会社日本能率協会コンサルティングに入社し、企業の業務効率化を中心にコンサルティグ業務に携わる。 2011年教育系ベンチャー企業に参画。コンテンツ開発や営業などを担当。 2012年3月に株式会社カイラボを設立し、代表取締役就任。 2013年1月に新卒入社後3年以内に退職した若者100人への対面インタビューをまとめた「早期離職白書2013」を発行。 2016年には「早期離職白書2016」を発行。 現在、職場定着率の改善や部下指導力の育成を強みとした企業研修、人事コンサルティングを行っている。

 

お申込みは下記フォームよりお願いします

    開催セミナー *必須

    07月09日(火) 要注意!ロジハラ(ロジカルハラスメント)にならないための新任マネージャーの心得とは07月22日(月) 要注意!ロジハラ(ロジカルハラスメント)にならないための新任マネージャーの心得とは

    会社名 *必須

    所属部署名 *必須

    役職名 *必須

    お名前 *必須

    フリガナ *必須

    メールアドレス
    *必須

    メールアドレス
    (確認用) *必須

    電話番号 *必須

    当サイトをどちらでお知りになりましたか *必須

    「その他」の方は詳細を教えてください

    ご質問・ご要望など

    PAGE TOP