HOME サービス紹介 セミナー情報
講師・顧問紹介 企業情報 採用情報
メールマガジン お問い合わせ 資料請求

アセスメント「THe-da(ゼーダ)」回答ページ

このページは、アセスメント「ゼーダ」の「プレゼンティズムに関する質問ページ」です。

本質問に回答後、ゼーダの「パーソナリティ設問ページ」にお進みください。

*プレゼンティズム・・・出勤していても、体調不良などにより通常の業務パフォーマンスが発揮できていない状態





【登録情報】

お名前 (必須)

ゼーダ ID *冒頭はU、数字12桁のIDを入力します

性別

男性女性

年齢(必須)

業種(必須)

職種(必須)


ポジション(必須)


【プレゼンティズムに関する設問】

問1.

「0」が最低限かつ最悪のパフォーマンス状態、「10」が最も優れた最高のパフォーマンス状態とした場合、あなたの部門や部門外のメンバーで、あなたと同じような種類の仕事をしている「多くの」人たちの普段の仕事のパフォーマンス状態は、尺度のどのあたりにいると評価しますか?

問2.

問1と同様の「0-10」の尺度として、あなた自身の「過去1‐2年間」を振り返ると、普段の仕事のパフォーマンス状態は、尺度のどのあたりにいると評価しますか?

問3.

問1と同様の「0-10」の尺度として、あなた自身の「直近4週間(約1か月)」の仕事のパフォーマンス状態は、尺度のどのあたりにいると評価しますか?

問4.

過去4週間にあなたが影響を受けた健康上の問題がある場合、該当する疾患を選択してください(複数選択可能)

A アレルギーによる疾患B 胃腸の病気、または胃腸の不調C 気管支喘息、または連続する咳D 喉の腫れ、痛み、違和感による不調E 腰痛または首の不調、または肩こりF うつ病、不安、または情緒不安定G 心臓病(不整脈、動悸、狭心症)H 関節炎、関節の痛みI 偏頭痛、慢性の頭痛J 耳の不調、聴力の低下K 目の不調、視力の低下L 皮膚の病気M その他の疾患、または不調

また、その中で、一番の健康上の問題を選択してください。

*健康上の問題や、該当疾患が無かった方は、プレゼンティズムについての質問は終了です。
本ページ下段の「送信」ボタンから回答を終了し、「パーソナリティ設問ページ」にお進みください。
該当疾患があった方は、問5にお進み下さい。

問5.

上記質問で健康上の問題や、該当疾患があった方に質問です。回答したあなたの一番の健康上の問題が、この4週間に仕事の生産性に影響した頻度についてお答えください。

1 予定していた仕事量を終わらせられないことがありましたか?

5 いつも、常に4 しばしば3 たまに2 ほとんどない1 全くない

2 注意が散漫になることがありましたか?

5 いつも、常に4 しばしば3 たまに2 ほとんどない1 全くない

3 仕事の目標達成に集中できましたか?

5 いつも、常に4 しばしば3 たまに2 ほとんどない1 全くない

4 仕事を仕上げるのに十分な気力がありましたか?

5 いつも、常に4 しばしば3 たまに2 ほとんどない1 全くない

5 仕事のストレスに対処するのは大変でしたか?

5 いつも、常に4 しばしば3 たまに2 ほとんどない1 全くない

6 仕事を終えることができないという不安を感じましたか?

5 いつも、常に4 しばしば3 たまに2 ほとんどない1 全くない

7 仕事に予期しない問題が持ち上がった時、最適な解決方法を見つけることに集中することができましたか?

5 いつも、常に4 しばしば3 たまに2 ほとんどない1 全くない

8 休息をとる(会社を休む)必要がありましたか?

5 いつも、常に4 しばしば3 たまに2 ほとんどない1 全くない

9 睡眠不足で疲れていましたか?

5 いつも、常に4 しばしば3 たまに2 ほとんどない1 全くない

10 健康上の問題が無い、通常の生産性を100%とすると、この4週間のあなたの生産性は何パーセントですか?

11 健康上の問題によって、この4週間に合計で何時間程度の就業時間が失われましたか?

 

本質問に回答後、下記URLよりゼーダの「パーソナリティ設問ページ」にお進みください。

https://hsplow.com/i3cloud/login.cfm

代表 阿部George雅行の著書ご紹介


MBA式 健康防衛


著書紹介ページへ

ビジネスマンの「カラダ再生」プログラム


著書紹介ページへ