HOME サービス紹介 セミナー情報
講師・顧問紹介 企業情報 採用情報
メールマガジン お問い合わせ 資料請求

募集要項


ボディチューン・パートナーズではスタッフ・講師を募集しています

健康経営推進プログラムを仕掛ける仲間を募集!


私たちは「健康経営」という言葉が生まれるずっと前から、「企業の健康寿命の延伸」や「健康人財育成による企業業績の向上」に挑戦してきました。

私たちのすることのすべては、ビジネスパーソンの健康こそが仕事の成果を変えるという信念の下で行われます。

3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上になる時代において、「健康」は企業経営の、そして日本社会全体の最重要課題です。

健康を通じてひとりでも多くのひとが幸せに働けるように、私たちはこれからも挑戦を続けます。




なにをやっているのか


「企業は人なり」


人財こそ企業の最大の資本であり、 人財育成こそ最も効果の高い投資であると私たちは信じています。 その人財の育成にあたり、私たちができることが2つあります。


 

1.ビジネススキル研修


ビジネススキル研修では、基礎から自社課題の解決につながる応用編まで、多岐に渡るプログラムを用意しています。中でもビジネスパーソンの基本となる論理思考力を高める研修、そしてプレゼンテーションやファシリテーション、交渉力や営業力を網羅したコミュニケーション力を養う研修、さらに人間関係力や人材育成に直結するリーダーシップ研修の3つの柱を中心としたプログラムによって構成しています。



2.健康人財スキル研修/健康経営コンサルティング


そして、ビジネススキル研修のベースとなるものとして位置付けているのが、メンタルタフネスやリジリエンス、健康管理や活力マネジメントといった健康人財育成プログラムです。
睡眠や栄養、運動の相関関係を学び、健康な身体づくりに対する情報のインプットや運動の実践などを行います。日常生活で改善すべきポイントや普段の職場生活で行える運動を、プログラムを通じて行ってもらいます。
私たちは、職場における生活の中で健康的な身体作りが無理なく実現できる固有のノウハウを有しており、企業の課題や目的に応じてフルカスタマイズでプログラム化できる点が特徴です。

ビジネススキルの向上を目的に当社の研修をスタートされた企業が、そのベースにある健康作りによってパフォーマンスが左右されることを理解され、健康人財育成プログラムを並行する例は少なくありません。

年間何千万もの費用をかけてビジネススキル研修を行っていてもまったく効果が出ない企業が、健康面のボトムアップの必要性を感じて私たちのプログラムを導入する例も増えています。

また、いうまでもなく、生き生きとした雰囲気で健康的なムードをもつ企業に人材は流れます。この流れの中で企業が生き残りをかけて取るべき行動は、間違いなく健康を軸にした社員育成への舵取りだと思います。


私たちは「6つの質」という、企業が成果を導くための法則を重要視しています。
「身体の質」を変えると「心の質」が変わり、それが「思考の質」を変え、「行動の質」、日々の「習慣の質」の変化につながり、最終的に「結果の質」が変わるという法則です。

その点、従来のビジネススキル研修の多くは、「思考の質」を変えるところからしかメスを入れていません。それでは結果の質を本当に変えるためには不十分なのです。身体の健康を土台として積み上げていくことが真の人財育成につながります。


 



なぜやるのか


理由は2つあります。
一つは、ひとりでも多くのビジネスパーソンに幸せに働き続けられるようになってもらいたいと本気で思っているからです。
きっかけは創業者である阿部の経験に因ります。20代にメガバンクで営業業務を担当していた時に、連日の接待や無理な営業による不摂生がたたり、60キロだった体重が90キロにまで増えました。BMI30という不健康極まりない状態で、体調が常に悪く仕事の能率も上がらない毎日を過ごしていました。
そこで一念発起して食事制限を徹底し、3か月で30キロの減量を図り、ジム通いで筋肉をつけながら身体のバランスを整えていきました。すると見違えるように身体の調子が良くなると同時にストレスが減り、仕事上の集中力、思考力が高まる実感がありました。結果的には、仕事の成果が格段に上がったのです。

そうした自身の実感値から健康的な身体作りがビジネスにも、そしてもちろん自分自身の生活の質にも良い効果をもたらすことを確信し、世の中に広めていきたいと考えるようになりました。


二つ目は、日本が抱える少子高齢化問題です。
2025年、すなわちあと10年以内に国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上になる時代を迎えます。そして人口は、なんと毎年80万人以上も減少し続けます。
これだけ生産年齢人口が少なくなれば日本は破たんしてしまうのではないか、そんな危機感を抱いている方も多いのではないでしょうか。
私たちも日本の未来に大きな危機感を抱いているひとりです。
いまだ世界中のどこも経験したことのない社会課題に対し、最も有効な解決策は高いパフォーマンスを長く発揮し続ける健康人財を増やすこと、すなわちビジネスパーソンの、企業の、そして日本の「健康寿命を延伸させること」なのです。


経済産業省が健康経営銘柄を発表したり、2020年に東京五輪を控えていたりと、日本全国で健康に対する意識が上がっています。社員の健康に対する取り組みを強化する企業は確実に増えていますので、私たちにとって、世の中のムーブメントは間違いなく良い流れにあると思います。
これからの超高齢化社会ではなおさら、健康への意識を高くもつことでビジネスパフォーマンスを上げられる人たちを増やすことが必要です。現在のムーブメントを活かしながら、そのための取り組みにいっそう力を入れていきます。




どうやっているのか


■健康経営推進プログラムを通じて企業の生産性向上に貢献するためのチーム
ビジネスや健康のプロフェッショナルとして幅広い知識やスキルを持ったメンバーが集まっています。

■就労環境
オフィスは外苑前駅から徒歩3分の場所にあります。

■職場の雰囲気
一人ひとりの裁量が大きく、新しいチャレンジを推奨する自由な職場です。

■制度
・週1日程度のリモートワーク可
・フレックスタイム制(コアタイム 11-15時)も相談可
*報酬は経験と能力に応じて、柔軟に対処いたします


 


こんなことやります


これからの日本経済を左右する「健康経営」を具体的に進めていきたい!

企業の健康経営に関する課題を解決するコンサルティング営業を募集します。

コンサルティング提案をする為には、すでにサービスを導入していただいている企業様に対する積極的なサポートや、さらに効果を高めるための研究を続けていく必要があります。

サービスを導入して終わりというものではなく、健康経営が最終目的である企業の業績向上に効いているのかを常に意識しながら、企業の伴走者として活動していただきます。

顧客は企業経営者や人事部となりますので、高いコミュニケーション能力が求められます。

■主な業務内容
・企業の健康経営に関する課題を抽出し、そのソリューションとしての研修を導入していただくためのコンサルティング営業(セミナーに参加していただいた企業様への反響営業となります)
・サービスを導入していただいた企業様のサポートおよびそこから得られた情報を元にしたサービスの改善
・健康経営に関する情報の収集および自社メディア(健康経営のミカタ)のコンテンツ制作

■やりがい
・単純なセールスではなく、経営者、人事に対するコンサルティングが要求され、より高いレベルの経験を積むことができます。
・ビジネススクールに通わなくてもビジネスの知識が身につき、より健康的な身体を作ることができます。
・健康的で明るいメンバーの中で、大きな裁量を持って働くことができます。

■こんな方を歓迎します
・当社の掲げるミッションに共感する方
・人材業界における営業経験 がある方
・社会人の成長に関わることへの関心が高い方
・定性的、定量的の両面から課題を発見し、解決策を提案するスキルのある方
・健康経営、ビジネススキルへの興味関心 のある方
・変化への適応力のある方
・メールの返信が早い方
・目的意識の強い方
・仕事に対するオーナーシップ(当事者意識)を強く持てる方
・相手の立場に立って物事を考えることができ、コミュニケーションを楽しめる方

*スポーツに対する造詣が深い方も大歓迎です


キャリア採用


プロジェクトマネージャー プロジェクトスタッフ


業務内容 自社で展開する、健康人財育成研修やコンサルティングのプロジェクト運営
求める人材 企業研修/人財育成に興味お持ちの方
※スポーツ、健康について造詣のある方、大歓迎
応募条件 社会人としての経験・スキルをお持ちの方
雇用形態 契約社員
給与 経験・能力を考慮の上、当社規定により決定いたします。
勤務時間 10:00-18:00
休日・休暇 土日・祝日/年末年始
勤務地 本社(東京都港区北青山)




研修講師 採用


業務内容 自社で展開する企業研修の講師(ビジネススキル研修/健康人財育成研修)
スポーツ、運動全般に造詣が深い方は大歓迎です!
求める人材 豊かな講師経験、コミュニケーションスキルの高い方
応募条件 ビジネススキル研修講師 経験者
講師料 面接後、当社規定により決定いたします


Mediaメディア掲載


「健康人材」の育成が企業成長の強固な基盤を創る


企業情報ページへ

ビジネスマンの「カラダ再生」プログラム刊行!


企業情報ページへ