HOME サービス紹介 セミナー情報
講師・顧問紹介 企業情報 採用情報
メールマガジン お問い合わせ 資料請求

働き方改革ゲーム+レゴ®シリアスプレイ®無料体験セミナー 2019年10月23日(水)18時30分〜 @AP東京丸の内

 

日程

2019年10月23日水曜 1830~20時30分 *受付開始1810

受講対象者 管理職、経営者・経営幹部、人事・労務

当社の競合にあたる企業の方からのお申し込みは、参加をご遠慮いただきます。

講座内容 「働き方改革ゲーム無料体験セミナー」

講師:佐藤 美咲(さとう みさき) ボディチューン・パートナーズ ファシリテーター

定員 15名
会場 AP東京丸の内 ルーム I

東京都千代田区丸の内 1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー 3F (地図を表示)
都営三田線「大手町駅」改札口となり 『D6 出口』直結
 参加費  無料

 

セミナー概要

国を挙げて取り組む「働き方改革」。

ここ数年、国の最も優先する施策として提唱され、注目を浴びてきました。

今年4月の関連法案が施行開始を目の前に、取り組みが加速しています。

 

しかし、そうした動きと、労働者の実感には、大きなずれがあるようです。

2018年秋の日本能率協会での調査では、

「職場で改革が進んでいるなあと感じている人」は、約3割。

残りの7割は「実感していない(全く+あまり)」と回答しています。

(出典:日本能率協会)

 

解決すべき課題が大きいだけに、

自社はどこから手をつけるべきなのか、

また多様な立場、価値観にある社員みんなが納得できる施策は

何なのか、担当者の悩みは尽きません。

 

————————————————————————

失敗できない「働き方改革」。

それなら、ゲームでシミュレーションしてみませんか?

 

働き方改革をテーマとした施策54件を、楽しみながらゲームで疑似体験。

ゲームの中で意思決定しながら、どんな組織を作りたいか、

自社が大切にしていることは何かを考えを深め、整理していきます。

 

本セミナーでは、

自社のビジョンや目標を創りに効果的な

レゴ®シリアスプレイ®を活用したワークショップを実施します。

 

働き方改革ゲームと合わせることで、

より自社を見つめるツールとして機能します。

 

オープンな空間で、身体と脳と心をめいっぱい使って

働き方改革を体験するセミナーです。

業界、業種を問わず、さまざまな企業での働き方改革、健康経営研修に

登壇実績を持つ講師が、ゲームをわかりやすく、楽しくナビゲートします。

 

 

 

 

◆下記のようなお悩みをお持ちの人事ご担当者様におすすめです◆

・働き方改革の施策を考えたが、果たして成功するのかどうか心配だ

・働き方改革に、自社は何から取り組むべきなのか、決められない

・社員が納得する働き方改革はどうあるべきなのか、迷っている

・会社をもっと良くするために、人事として何をしたらよいかわからない

 

講師情報

講師 佐藤 美咲

 

(株)ボディチューン・パートナーズ ファシリテーター

日本航空にてグランドスタッフ、客室乗務員、メンターとして新人教育を経験。8年間の勤務の後、人工知能(AI)テクノロジー会社の管理部門に転職。IPOを目指し、採用責任者として採用部の立ち上げを経験。接遇、新人教育、人事の経験をもとに、研修講師として(株)ボディチューン・パートナーズに参画。「明るい空間づくり」を得意とし、研修後、受講生のモチベーションを驚くほど向上させる。

 

お申込みは下記フォームよりお願いします

 

開催セミナー *必須 2019年11月19日(火) ストレスチェック結果の活用方法・人事の対応方法2019年11月26日(火) 働き方改革ゲーム+レゴ®シリアスプレイ®無料体験セミナー2019年12月06日(金) BQリーダーシップ2019年12月12日(木) 経営ゲームを通じて働き方改革のポイント理解!「働き方改革ゲーム」2020年01月21日(火) 働き方改革研修 無料体験会 -組織改革を推進するチームビルディングを体験-2020年02月18日(火) 経営ゲームを通じて働き方改革のポイント理解!「働き方改革ゲーム」2020年03月10日(火) 経営ゲームを通じて働き方改革のポイント理解!「働き方改革ゲーム」
会社名 *必須
所属部署名 *必須
役職名
お名前 *必須
フリガナ *必須
メールアドレス *必須
メールアドレス(確認用) *必須
当サイトをどちらでお知りになりましたか *必須
「その他」の方は詳細を教えてくださ
ご質問・ご要望など

代表 阿部George雅行の著書ご紹介


MBA式 健康防衛


著書紹介ページへ

ビジネスマンの「カラダ再生」プログラム


著書紹介ページへ